大通BISSEトップページ/ショップからのお知らせ/ニホンドウ漢方ブティック/今月のちょこっと養生コラム ~一月~ 【〜一陽来福〜】


前の記事  「ニホンドウ漢方ブティック」の一覧に戻る  
2023/01/05ニホンドウ漢方ブティック

今月のちょこっと養生コラム ~一月~ 【〜一陽来福〜】

2023年になりました。本年も薬日本堂をよろしくお願いいたします。


nihondoh_230105_img.png


1月6日は小寒です。
「寒の入り」(かんのいり)でこれから更に寒さが厳しくなります。
健やかに春を迎えるためにも、引き続き養生しなければなりません。


そして1月7日は「人日(じんじつ)の節句」=「七草の日」です。


七草粥を食べて邪気を払い、1年の無病息災を祈ると共に、年末のパーティーやお正月のおせち料理などで疲れた胃や腸を休めましょう。
春の七草
・芹(せり)セリ科:競り(せり)勝つ
・薺(なずな) アブラナ科:別名ぺんぺん草。なでて汚れを取り除く
・御形(ごぎょう) キク科:別名ハハコグサ。仏の体
・繁縷(はこべら) ナデシコ科:繁栄がはびこる
・仏の座(ほとけのざ) キク科:仏の安座
・鈴菜(すずな) アブラナ科:カブ。神を呼ぶための鈴
・清白(すずしろ) :アブラナ科:大根。汚れのない清白


温かく、素朴な味わいのおかゆをいただくとホッとしますね。


さて、『一陽来復』という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
1年で最も陽が短く暗い、陰が極まる冬至(12月22日)を起点として再び暖かな陽が戻ってくる。冬が終わり春が来ることを指していますが、お守りやお札にも使われる縁起の良い言葉です。
漢方では「陰極まって陽生ずる」と言ったりしますが、 最後の復→福 に変えて、「来る」年も全ての方に沢山の『福』が訪れるようにと名付けられた言葉がこちらです
   ↓
『一陽来福』
悪いことが続いた後で良い事が巡ってくること。


今年はどのような1年にしたいですか?
皆さんにたくさんの福が訪れて、日々笑顔で快適に過ごせますように。




漢方スタイリスト/ヨガ講師/アロマ検定1級 工藤かおり
フォト/千葉卓也



新型コロナウイルス対策による外出自粛中の漢方相談を
安心安全に実施するためにお電話での漢方相談を強化しております。
ご相談は0120-53-4193もしくは メールsapporo_odori@nihondo.co.jpまでご連絡ください。

薬日本堂公式LINE
https://bit.ly/2CVv419

ニホンドウ漢方ブティック札幌大通店は"人体改造カブ式会社"を応援しています。
https://www.sapporoekimae-management.jp/contents/人体改造カブ式会社/

前の記事  「ニホンドウ漢方ブティック」の一覧に戻る  

大通BISSEテナント一覧


スマートフォン版サイトへ